Columnコラム

不動産の相続・遺産分割で注意すべきこと

解決に困難を伴いやすいケースは?

一概には言えませんが、以下のような場合に解決のために色々と配慮・調整が必要になることがあります。

・相続人の誰かが住んでいる場合

・ローンの引継ぎが必要な場合

・自宅の土地が借地権の場合

・土地を分けるのに測量・分筆が必要になる場合

・もともと共有名義になっている場合

不動産は、相続・遺産分割の場面で、最も問題になりやすい財産の一つですが、どのような分け方をするにせよ、不動産という財産に特有の取り扱いを意識する必要があり、解決には困難を伴いがちです。

不動産の価値をどのように評価すべきか

不動産の価値をどのように見積もるかは、最も争いになりやすい問題です。

不動産の評価方法は、固定資産税評価額や、公示価格・路線価、周辺の市場取引価格など、色々な評価方法がありますが、評価方法により価格の高低が生じうるので、相続人の立場によって意見が別れやすいところです。

相続・遺産分割の紛争においては、当事者間で価格について合意ができれば、それをベースに話合いを進めていきますが、合意がどうしてもできない場合、最終的には、裁判所で鑑定手続を行うことになります。裁判所に指定された不動産鑑定士が鑑定を行うことになりますが、不動産の数や内容によりますが、この鑑定を行うのに数十万円の費用がかかり、これの費用負担がネックになる場合があります。

実際にどのような分割方法をとるかも問題に

また、価格に争いがない、合意できたというような場合でも、不動産をどのように分割するかで話合いが難航することがあります。

遺産分割の方法としては、例えば、土地を分筆するなどして相続人それぞれが土地を取得するとか、相続人の誰かが取得して他の相続人には代償金を支払うとか行った方法が考えられますが、前者は、土地を平等にうまく切り分けることが難しい場合が多いですし、後者についても、不動産の価格によっては、不動産を取得したい相続人が代償金を捻出することが難しいということが往々にしてあります。

また、わかりやすい方法として、売却して分けるという事も考えられますが、相続人の一人でも売却したくないとか、住み続けたいといった考えを持っており、その考えを変えないということになると、売却をすすめることができません。どうしても分割方法が調整できないときには、法定相続分に応じた共有にするほかなくなり、その後に、共有物分割の手続きを進めることになりえます。

不動産の相続・遺産分割に関する解決事例

祖父の代からの不動産を、遺産に含まれることを確認した上で遺産分割を行った事例

不動産売却を含めた遺産分割を、訪問や話し合いで解決に進めた事例

不動産の関わる相続問題を解決するために

不動産の取り扱いは、相続問題を解決に導く上で、避けては通れない問題の一つです。当事務所では、不動産の売却、その前提としての分筆、借地・借家の処理・対応、共有物分割、ローン・担保権についての対応など様々な観点を見据えて対応しています。相続と不動産に関する問題は、ぜひ当事務所にご相談下さい。

相続・信託・事業承継に関するご相談は初回1時間無料にて承っております。
また、出張相談にも対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。