Marunouchi Soleil Law Office
Professional Corporation

Inheritance & Trust

Service取扱い業務

個別相談

遺言とは

【遺言とは】

遺言とは、遺言者の生前の最終的な意思を表したもので、遺言者の死後にその意思を実現させるために制度化されたものです。自分の財産を誰に・どれくらい分配するかについて、遺言によって自由に決められることが法律で認められています。遺言がない場合は、遺産分割は法定相続、すなわち、民法により定まる相続人に対し、民法で定められた割合で相続されることになります。

実際に相続が発生し、財産が絡んでくると、兄弟が豹変したり、知らない人が名乗り出てきたりもします。また、相続の問題は非常に根が深く、法律だけでは解決できない感情的な問題も多く含まれています。自分の死後、少しでも親族の関係がこじれる可能性が考えられ、そして、それを望まないという場合には、遺言書を作成しておくのが良いでしょう。

有効な「遺言書」があれば、実際の財産承継の手続きに時間がかかる場合もありますが、相続の内容については概ね遺言で遺した方向に展開します。遺言書がないまま相続になれば、相続する場合でも、される場合でも、相続人の間でなかなか折り合いがつかないということも少なくありません。

とはいえ、いざ遺言書を書こうと思っても、法律的に有効な書き方をするのは1人ではなかなか困難なものです。相続法の改正により、自筆証書遺言の方式の緩和がなされましたが、それでもなお、法律上有効な遺言とするために注意すべき点はありますので専門家にご相談いただくのがいいかと思います。

※遺言書・遺言など、相続に関するご相談等は初回相談無料で承っております。費用はこちら

相続・信託・事業承継に関するご相談は初回1時間無料にて承っております。
また、出張相談にも対応しておりますので、まずはお気軽にお問合せください。